1. トップページ >
  2. 業者選び >
  3. 高く売りたい人必見!失敗しない不動産会社の選び方

高く売りたい人必見!失敗しない不動産会社の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲介業者の選び方

マンション売却は、多くの方にとって初めての経験です。

不動産会社を選ぶにあたって、インターネット上には評判やランキング、口コミなどがたくさんあります。「大手が良いのか?」「地元密着の業者にするべきか?」など、悩んでいる方も多いことでしょう。

この記事では、不動産会社の選び方で迷っている方向けに、選ぶ基準や具体的な選び方をお伝えします。

特に大事な2つのポイント!

マンションをなるべく早く高く売るには、不動産会社選びが重要です。不動産会社を選ぶうえで、絶対に外してはいけないポイントは次の2つです。

・複数の会社に査定を依頼する
・中古マンション売却が得意な会社を選ぶ

それぞれのポイントについて、詳しく見てみましょう。

複数の会社に査定を依頼する
まずは、「複数の会社に査定を依頼する」という点について。

マンション売却においては、最初に価格査定を依頼します。査定額が売出価格になるわけではありませんが、一つの目安になる金額です。

別記事(マンション売却で査定に影響するポイントは?)で説明している通り、不動産会社はさまざまな観点からマンションの査定額を算出します。

マンション売却で査定に影響するポイントは?
マンション売却が決まったら、不動産会社に査定を依頼して、査定額を算出してもらいます。査定額がそのまま売り出し価格になるとは… 続きを読む

不動産には相場があります。相場を把握して妥当な価格で売り出すことが、マンション売却の成功のカギを握っています。

なぜなら、売出価格が相場より高すぎれば売れにくくなり、低すぎれば売主の手元に入るお金が少なくなってしまうからです。

査定額が一社分だけでは比較ができず、相場を把握することは難しいです。必ず複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

複数の不動産会社のさまざまな視点からマンションを評価してもらうことで、相場がみえてきます。相場に合った価格で売り出すことで、売却もうまく進む可能性が高くなります。

中古マンション売却が得意な会社を選ぶ
次に、「マンション売却が得意な会社を選ぶ」という点について。

あまり知られていませんが、不動産会社には、ジャンルの得意不得意があります。一戸建ての売却が得意な会社もあれば、賃貸に特化している不動産会社もあります。

マンション売却に関しても、新築分譲マンションを専門にしている会社もあれば、中古マンションの売却に強い不動産会社もあります。

中古マンションを売るなら、中古マンションの相場を理解していることが大切です。効果的な広告や、内覧を成功させるコツなども、幅広く知っている必要があります。

「大手で名が知れているから」「近所で便利だから」という理由だけで選ぶと、中古マンション売却が不得意な会社の可能性もあります。

中古マンションに詳しくない業者を選んでしまうと、売却がスムーズに進みません。売却期間が長引くと、値下げも視野に入れなくてはなりません。

大切なマンションを売るなら、必ず中古マンション売却に強い業者を選びましょう。

業者選びにおける他のポイント

マンション売却の業者の選び方で、もっとも大事なポイントを2点お伝えしました。

これらのポイントを含め、業者選びで意識したいポイントは多数あります。当サイトでも、不動産会社の選び方について、いろいろな観点から説明しています。

たとえば、次のような説明をしています。

・知名度の高い大手だけでなく、地元密着型の業者にも声をかける
・店頭に貼り出している物件情報や広告掲載の物件情報から、得意分野を探る
・マンション売却はそれぞれ条件が違うため、口コミや評判をうのみにしない
・トラブルを避けるため、行政処分を受けていないかチェックする

など。マンション売却で業者を選ぶには、さまざまな視点から探す必要があるわけです。

ただし、現実的にはかなり大変・・・

しかし実際問題として、知識ゼロの状態から不動産会社を探すのは大変です。相当の時間と労力がかかります。

不動産業界に身を置いていれば、自然と情報は入ってきます。「この辺りでマンションを売却するなら、〇〇不動産がいい」「戸建てを売るなら、〇〇不動産が得意だ」などの情報が蓄積されます。

ただし、不動産業界の外にいる一般の方には、当然そういった情報は伝わってきません。何らかの方法で、マンション売買が得意な不動産会社を知ることが必要です。

そこで、一般の方が、マンション売買が得意な不動産会社を知る方法の一つとしてオススメなのが「一括査定サービス」です。

一括査定サービスを利用するメリット

一括査定サービスとはその名の通り、複数の不動産会社に対し、一括で査定の申し込みができるサービスです。

入口となるサイトに必要な情報を入力するだけで、複数の不動産会社への依頼が一括で完了します。

一括査定サービスならではのデメリットもあるため、事前に理解しておく必要があります。ただしマンション売却の最初の一歩を踏み出す際には、一括査定サービスを利用する価値は大いにあります。

査定ポイント

一括査定を利用すると、複数の不動産会社に査定してもらうことで相場が見えてくるのと同時に、不動産会社とのやりとりを通じて、どの会社が知識があるのか、誠実なのか、といったことが分かってきます。

そして、もう一つ重要なポイントがあります。それは、不動産会社の立場からみると、一括査定サービスに参加して、査定を依頼してくる人の情報を取得するのにお金がかかるということです。

不動産会社は事前に自社の対応地域や、希望する物件タイプ(マンション・戸建など)を一括査定サービスに登録しておき、その条件に合致する依頼者の情報を一括査定サービスから受け取ります。代わりに、情報1件につき、たとえば1万円といった代金を一括査定サービスに支払います。

この仕組みのなかでは、いくら依頼者の情報を受け取っても依頼者と媒介契約を締結できない会社(さらには売買を成立できない会社)は、費用負担に耐え切れず、生き残ることはできません。売買を成立できなければ、情報を取得するための費用をまかなうことができなくなるからです。

この結果、一括査定サービスでは、エリアごとに得意な分野をもつ会社が残り、それ以外の会社は淘汰されていくことになるわけです。

一括査定サービスは複数ありますが、最もオススメなのはHOME4U(ホームフォーユー)です。

HOME4UはNTT系列のNTTデータが運営しており信頼度が高く、運営歴16年、査定依頼数20万件超と実績も豊富です。また、業者内での評判も良いです。

一括査定サービスのデメリットは?

一括査定サービスを利用する際は、そのデメリットも知っておく必要があります。

一括査定サービスは、複数の不動産会社が見積もりで競うことになるため、舞台裏では、し烈な「見積もり合戦」が行われています。

何とか契約を獲得しようとして、相場より高めの査定価格を提示されるケースも考えられます。相場より高い価格で売り出せば、売れ残って売却期間が長くなり、最終的には値下げすることになります。

そうならないためにも、査定価格だけに惑わされてはいけません。なぜその価格で売却できるのか、査定価格を算出した根拠を必ず不動産会社に聞くようにしましょう。

同じマンションや周辺マンションの複数の売買事例をもとに十分に納得できる説明があれば問題ありませんが、過去にたまたま高値で売れた一つの事例をもとに査定しているようでは話になりません。

一括査定を利用後、地元業者にも声をかけてみる!

一括査定サービスを利用したら、複数の不動産会社から査定額が提示されます。

すべての査定が出そろう頃には、何社かの不動産会社の営業マンとも話をしていることでしょう。マンションの相場や根拠などについて、知らない間に多少の知識を得ています。

ある程度の予備知識がついた段階で、中古マンション売買を扱っている地元業者にも、声をかけてみましょう。

一括査定サービスに参加していない不動産会社の中にも、中古マンション売買を得意としている不動産会社もあります。1社でも構いませんので、地元の不動産会社にも直接声をかけてみましょう。

その際はもちろん、「中古マンション売買が得意な不動産会社」という条件は必須です。

ホームページやチラシなどを見て、中古マンション売買が得意だと判断できるようであれば、問い合わせしてみてください。

まとめ

マンション売却で不動産会社を選ぶには、「複数の会社に査定を依頼する」「中古マンション売却が得意な会社を選ぶ」という二点が大きなポイントです。

相場を知るためにも、早い段階で複数の不動産会社に査定をお願いしましょう。

とはいえ、知識ゼロの状態で不動産会社を探すのは大変です。一括査定サービスもうまく活用しながら、効率的にマンション売却を進めましょう。最もオススメなのはHOME4U(ホームフォーユー)です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップに戻る