1. トップページ >
  2. 物件タイプ別のポイント >
  3. 西向きマンションは売却に不利?

西向きマンションは売却に不利?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西向きマンション

部屋の向きは、マンション売却額に影響を与える要素の一つです。

一般的に、西向きマンションは売却額が低くなると言われていますが、西向きの場合は価格が低くても仕方ないのでしょうか?

マンション売却の際、方角が与える影響や対策をお伝えします。

西向きマンションとは?

マンションの向きには、「東・西・南・北」の4つあります。

向きを決める基準は、窓やベランダがついている方角です。たとえば、南側に窓やベランダがついていれば「南向き」、西側に窓やベランダがついているなら「西向き」となります。

マンションの向きは、マンションの資産価値を決める大きな要素の一つです。なぜなら、部屋の向きは日光の当たり方を大きく左右して、日々の住環境に影響を与えるからです。

マンション売却において高く売れるのは、日当たりの良い南向きです。西向きは、売却額が低く設定される傾向があります。なぜ西向きマンションは、売却額が低くなるのでしょうか?

西向きマンションの大きなデメリットは「夏の暑さ」にあります。西向きマンションの室内には、午後からいわゆる「西日」が差し込みます。日中の暑さに加え、日が傾くにつれて西日が差し込むと、室温を上昇させる原因になってしまいます。

夏の暑さが厳しければ、冷房の使用頻度が高くなり、電気代が高くなる可能性があります。さらには西日によって、室内の壁や床、家具などが日焼けするかもしれません。

この「西日による暑さとダメージ」が、西向きマンションの売却額を下げる要因になります。

西向きは売却額が低くても仕方ない?

それでは、売ろうと考えているマンションが西向きの場合、必ず売却額は低くなるのでしょうか?

たしかに西向きマンションは、夏の暑さを気にする買主が多いため、売却額が低くなる傾向があります。ところが、実は、西向きマンションにもメリットはあります。

1. 冬場の暖かさ
西向きマンションの最大のメリットは「冬場の暖かさ」です。夏は室内の気温を上げる原因になる西日も、冬は室内を暖める存在になります。室内の冷え込みが抑えられるなら、冬の暖房費節約につながることでしょう。

2. 洗濯物の乾きやすさ
西向きマンションのもう一つのメリットが、「洗濯物の乾きやすさ」です。西向きマンションは、昼下がりから夕方にかけて西日が差します。日光を長い時間受けられる分、西向きマンションのベランダや窓際においては、洗濯物が乾きやすいのです。

このように、売却の際に不利と思われる西向きマンションにも、メリットが存在します。買主に対してメリットを正しく伝えることができれば、納得する買主も出てくる可能性があります。

不動産会社選びも大切!

西向きマンションを少しでも高く売るためには、信頼できる不動産会社を選ぶことも大切です。

売却には不利という印象のある西向きマンションですが、西向きというのはあくまで、売却額を決めるための一つの要素にしかすぎません。立地や住環境が良かったり、角部屋だったりと、他の要素で有利な点があれば、西向きマンションであっても高く売れる可能性があるのです。

誠意のある不動産会社であれば、物件を総合的な観点から査定し、適切な売却額を設定してくれます。しかも、マンションが売れるまで、根気強く丁寧な売却サポートを行ってくれることでしょう。

西向きマンションを高く売ろうと思うなら、安心して売却を任せることができる不動産会社を選ぶことがスタートです。

また不動産会社との契約形態には、同時に複数の不動産業者に売却を依頼できる「一般媒介契約」や、売却を一社に任せる「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」など、主に3種類あります。

契約形態によってサポート体制も異なり、一般的に売りにくい物件の場合は、「専任媒介契約」が適しています。詳しくは別記事(「マンション売却では一般媒介、専任媒介、どちらを選ぶべき?」)をご覧の上、条件に合う契約形態を選んで、納得できる売却活動を進めることをおすすめします。

まとめ

マンション売却において、方角は売却額を決める要素の一つです。一般的には日当たりの良い南向きが好まれ、西向きは売却額が低くなる傾向があります。

ただし西向きマンションにも、「冬場の暖かさ」や「洗濯物の乾きやすさ」といったメリットが存在します。立地条件や住環境が良い場合は、総合的な評価が上がる可能性もあります。角部屋であれば、なおさら売却には有利に働くでしょう。

西向きマンションを少しでも高く売るには、物件の価値を総合的に判断し、的確で親身な売却活動を進める不動産会社のサポートが重要です。

納得のいく価格で売却するためにも、信頼できる不動産会社を選び、サポートの手厚い専任媒介契約を結ぶことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップに戻る